四国新幹線効果か 四国一のローカル線、予土線で乗客増

JR四国の予土線で2014年度、乗客が増加しました。その背景に「四国新幹線効果」がありそうですが、予土線の利用者がJR四国で最も少ないのは変わりません。過疎、少子高齢化などの問題に悩まされる地方ローカル線の維持、どうしたら良いのでしょうか。

日本最後の清流を行く新幹線

 2015年5月8日(金)、JR四国は各路線について2014年度の利用状況を発表。予土線の輸送密度が前年比108.6%になったことを明らかにしました。「輸送密度」とは、客営業キロ1kmあたりの1日平均旅客輸送人員です。簡単にいえば、多いほど大勢に利用されていることになります。

 利用者が増えた予土線は北宇和島(愛媛県宇和島市)と若井駅(高知県四万十町)を結ぶ76.3キロの路線で、車窓には「日本最後の清流」とも言われる四万十川を眺めることが可能。静かな山間部にその清流が彩りを添えるノンビリしたローカル線で、四万十川名物の「沈下橋」も現れ「乗り鉄」にとって高い注目度がありますが、逆にそうした環境にあることから沿線では過疎が進み、JR四国で最も利用者が少ない路線になっています。

 しかしJR四国によると、その予土線の利用者が2014年度、1割近くも増加したとのこと。なぜ突然、乗客が集まったのでしょうか。

 その理由として考えられるのは、「四国新幹線」の影響です。

新幹線0系を模した「鉄道ホビートレイン」と四万十川。ちなみに「新幹線の父」と呼ばれる十河信二は四国出身(画像出典:photolibrary)

 JR四国は、キハ32形という普通のディーゼルカーを初代新幹線0系風に改造。2014年3月15日から「鉄道ホビートレイン」として予土線で運行を始め、「四国に新幹線ができた!」と鉄道趣味界、またインターネット上などで大きな話題になりました。予土線の乗客増にこの影響があることは、疑いのないところでしょう。

 また予土線では、海洋堂のフィギュアを飾った「海洋堂ホビートレイン」やトロッコ列車「しまんトロッコ」も運行されています。JR四国が「四国新幹線」を始めとするこうした「観光列車」によって路線の魅力を高めたことにより、地元からの集客が難しい過疎地域で、利用者の増加を実現した形です。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 鉄道ホビートレインは極めて面白い企画で好感を持ちました。冗談みたいなことを本当に実行した点。

    ただ、
    「飽きられないための工夫が必要だ」と乗車しての感想。
    例えば、実際の各地の新幹線で使われている(いた)車内メロディー(例えば「いい日旅立ち」等)や音声案内(次駅案内など)を用いた車内放送を行う。しかも非公開で、一定サイクルごとに放送に使用する新幹線を入れ替える(日にち単位または運用単位で)。

    車内中吊り広告には「新幹線」にちなんだ内容のかつての広告や企画展示物を掲載。これも非公表で展示内容を入れ替える。

    つまり、実際に乗ってみないとどの放送があるか、どんな展示がされているか分からない仕掛けに。

    車内内装は、テーマである0系の意匠を最大限に再現。床・壁・天井・カーテン、座席の布地などを。座席はロングシートのままでも可。

    例えばこのような感じで、観光客(外部から乗車のために来る客)と地元客共に興味を持ってもらい「実際に何度も乗ってみよう」と思っていただく仕掛けづくりが必要では。

    観光要素としては、鉄道自体がテーマであるならば、列車運行中に中村線・予土線にあるループを何らかの形で紹介する取り組みも面白そう。九州の「いざぶろう・しんぺい」が参考。

    後は列車本数。日常生活で使える最低限以上の便の確保。

    乗客としてできることは、あまり書きたくなかったものの、私は、本数が少ない江川崎~窪川の乗車券をわざと二重に買ったこともありました。家地川~窪川間を含む乗車券を買えば中村線区間の収入にもなるはず。