四国新幹線効果か 四国一のローカル線、予土線で乗客増

JR四国の予土線で2014年度、乗客が増加しました。その背景に「四国新幹線効果」がありそうですが、予土線の利用者がJR四国で最も少ないのは変わりません。過疎、少子高齢化などの問題に悩まされる地方ローカル線の維持、どうしたら良いのでしょうか。

日本最後の清流を行く新幹線

 2015年5月8日(金)、JR四国は各路線について2014年度の利用状況を発表。予土線の輸送密度が前年比108.6%になったことを明らかにしました。「輸送密度」とは、客営業キロ1kmあたりの1日平均旅客輸送人員です。簡単にいえば、多いほど大勢に利用されていることになります。

 利用者が増えた予土線は北宇和島(愛媛県宇和島市)と若井駅(高知県四万十町)を結ぶ76.3キロの路線で、車窓には「日本最後の清流」とも言われる四万十川を眺めることが可能。静かな山間部にその清流が彩りを添えるノンビリしたローカル線で、四万十川名物の「沈下橋」も現れ「乗り鉄」にとって高い注目度がありますが、逆にそうした環境にあることから沿線では過疎が進み、JR四国で最も利用者が少ない路線になっています。

 しかしJR四国によると、その予土線の利用者が2014年度、1割近くも増加したとのこと。なぜ突然、乗客が集まったのでしょうか。

 その理由として考えられるのは、「四国新幹線」の影響です。

新幹線0系を模した「鉄道ホビートレイン」と四万十川。ちなみに「新幹線の父」と呼ばれる十河信二は四国出身(画像出典:photolibrary)

 JR四国は、キハ32形という普通のディーゼルカーを初代新幹線0系風に改造。2014年3月15日から「鉄道ホビートレイン」として予土線で運行を始め、「四国に新幹線ができた!」と鉄道趣味界、またインターネット上などで大きな話題になりました。予土線の乗客増にこの影響があることは、疑いのないところでしょう。

 また予土線では、海洋堂のフィギュアを飾った「海洋堂ホビートレイン」やトロッコ列車「しまんトロッコ」も運行されています。JR四国が「四国新幹線」を始めとするこうした「観光列車」によって路線の魅力を高めたことにより、地元からの集客が難しい過疎地域で、利用者の増加を実現した形です。

この記事の写真一覧

  • 150509_JRsikoku_02
  • 150509_JRsikoku_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント