『JR時刻表』がアプリに カスタマイズ可能は世界初 「のぞみ」だけ表示もOK

駅のみどりの窓口に用意されている『JR時刻表』。そのタブレット端末版が登場します。「アプリ」であることを活かし様々なカスタマイズが可能なほか、タップするだけで乗り継ぎ列車をリストアップしたり、1画面に3路線まで時刻表を表示することも可能。また『MY LINE 東京時刻表』の内容も含まれています。

時刻をタップすれば乗り継ぎ列車

 交通新聞社は2015年5月15日(金)、タブレット端末用の時刻表アプリ「デジタルJR時刻表」のサービスを5月28日(木)から始めると発表しました。JRを中心に全国の列車時刻が掲載されの「みどりの窓口」に用意されている『JR時刻表』、そして首都圏エリアの詳細な列車時刻を掲載した同社の『MY LINE 東京時刻表』、この2冊・約2000ページの内容が収録されているそうです。全国版の時刻表では首都圏の路線について主要駅、また一部列車しか掲載されない例が多くありますが、それが補完される形です。

「デジタルJR時刻表」はその特徴を活かし、たとえば「『のぞみ』だけ表示」といったように、表示内容をカスタマイズすることが可能。こうしたカスタマイズ機能は同社によると世界初といいます。また「東京駅発車時刻と新大阪駅着時刻」といった特定駅の時刻のみ表示することもできるそうです。

全ての列車、全ての駅で乗り継ぎ列車をワンタップで表示できる(画像出典:交通新聞社)。

 また時刻表の着時刻をタップすると、その駅からの乗り継ぎ列車が一覧表示されるほか、時刻表を3路線までの同時に表示。乗り継ぎが調べやすくなっているのもポイントです。日付を指定することで、その日に運転される列車だけを分かりやすく表示することも可能といいます。

 このほか新幹線や定期運行されるJRの特急列車について、その座席配置が全て収録されているほか、洗面所の場所や車窓風景も案内。経路検索機能や運行情報の表示機能も搭載されています。

 利用料金は30日960円、180日5400円、365日9800円。初回インストール時に限り14日間、全機能を試用できるそうです。また5月28日から7月31日までは「リリース記念キャンペーン」として30日480円、180日2800円、365日4800円の特別価格になります(料金はすべて税込み)。対応機種はiOS 7.0以降の「iPad」「iPad mini」「Android」4.2~4.4、解像度1200×1920ドット以上のタブレット端末です。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150515_jrjikokuhyou_01

関連記事

最新記事

コメント