ペットは家族の一員 乗車に記念カード発行 富士急行

鉄道では基本的に、ペットは「手回り品」扱いです。そうしたなか富士急行は「ペットは家族の一員」として、ペットと一緒に乗車する人向けに「一緒にお出かけチケット」の発行を始めました。また合わせて、全国初というペットと一緒に利用するフリー乗車券も発売しています。

規則上は「手回り品」扱い

 ペットと一緒に鉄道を利用する場合、ペットは「手回り品(手荷物)」扱いになり、鉄道会社によって異なるものの、JR各社、また富士急行(山梨県富士吉田市)などでは「手回り品きっぷ」の購入が必要です。

150605 fujikyuko 01
「一緒におでかけチケット」と「一緒におでかけフリーきっぷ」(画像出典:富士急行)。

 そうしたなか2015年6月1日(月)、富士急行は「一緒におでかけチケット」の発行を開始しました。普通乗車券と合わせてペットのための「手回り品きっぷ」、また「一緒におでかけフリーきっぷ」を購入した場合にもらえる、いわば“旅の記念カード”的なものです。


「お連れのペットも大切なご家族一員であり、また大切なお客様」(富士急行)


 ペットは規則上「手回り品」ですが、飼い主にとっては家族であり、一家で旅をした記念、証として発行される形です。


 また先述の富士急行「一緒におでかけフリーきっぷ」は同じく6月1日、ペットと一緒に旅行する人を対象に登場したきっぷで、同線の普通車自由席が2日間、ペットと一緒に乗り放題になります。富士急行によると、ペットと一緒に乗る人のみを対象に販売される鉄道のフリー乗車券は、これが全国初めてだそうです。


【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント