NBCテロは早い対応が重要 サリン想定し品川駅で訓練 京急

京急が品川駅ホームで、化学テロを想定した訓練を実施。防護服を着用した警察・消防隊員らが負傷者の救助、ホームの除染などを行いました。ちょうど20年前に発生した「地下鉄サリン事件」の教訓が活かされています。

サリンを想定、防護服を装備して

「第953SH列車で異臭が発生。負傷者が出ています」

 2015年6月9日(火)の午前11時頃、京浜急行の品川駅に異常を伝える声が響きました。駆けつけた警察、消防隊員は、有毒化学物質によるテロ行為が想定されたため防護服を装備。問題の列車内へ進入していきました。

150609 keikyu 01
品川駅に到着した列車で異臭発生、サリンによるテロが行われたという設定で訓練が実施された(2015年6月9日、恵 知仁撮影)。

 京急品川駅でその日行われた「鉄道テロ対策訓練」の様子です。京急87人のほか、高輪警察署と警視庁の専門部隊が11人、高輪消防署と赤坂消防署赤坂化学機動中隊が31人参加し、実施されました。

 品川駅ホームにはそうした大勢の警察官、消防隊員がいたほか、「有毒化学物質によるテロ行為」を想定した訓練のため、ガスマスクや防護服を着用した隊員も多数。その異様な情景に「何事か」と一瞬驚き、「訓練」と書かれた看板を見て得心したような乗客の姿も見られました。

 京急はテロを想定した訓練を毎年実施しており、同社広報の飯島さんによると、なるべくリアルに行うほうが効果が高いといいます。また同社の小倉鉄道本部長は京急沿線に羽田空港が存在することを挙げ、テロ対策訓練を継続的に行っていくことの意義を話しました。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント