大地震を想定 京急、全線で一旦停止訓練

3月11日、京急が大地震の発生を想定し、全列車の一旦停止訓練を実施します。4年前に発生した東日本大震災、その教訓を忘れないためです。

3月11日、地震発生時刻に

 京急は2015年3月10日(火)、全列車の一旦停止訓練を3月11日の午後に実施すると発表しました。そのちょうど4年前に発生した東日本大震災の教訓を忘れることのないよう、地震発生時刻の14時46分に震度5強の地震発生を想定。総合司令所にある緊急自信速報システムを使用し、全列車に対して停止を指示します。

京急が過去に実施した防災訓練の様子(画像提供:京急)。

 また、各に用意されている災害用備蓄品の再確認や緊急自動車の点検、京急グループ全社員を対象とした安否確認の訓練も行うといいます。

 東日本大震災を踏まえ京急では、全駅に避難誘導先と現在位置の海抜を示した駅周辺案内図を掲出。また同じく全駅へ、帰宅が困難になった乗客向けに飲料水やアルミ製ブランケット、レジャーシートを配備したそうです。

 3月11日の14時46分には小田急京王京成東京メトロ都営地下鉄東急北総鉄道などでも同様に、列車を一斉に停止させる訓練が実施される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150310_teishikunren_01

関連記事

最新記事

コメント