相互直通運転の意外なデメリット? 「選ばれる沿線」になるには

私鉄の経営は鉄道のみならず、沿線開発とセットで行うビジネスモデルが古くから行われてきました。東急もそうした鉄道のひとつですが、その2大看板路線である東横線と田園都市線は個性が大きく異なります。なぜそのように違っているのでしょうか、また今後、それぞれの路線はどこを目指していくのでしょうか。同社の担当者にお話をうかがいました。

「仕掛けやすい」田園都市線

 私鉄と沿線の開発は、切っても切り離せない関係です。沿線地域の開発により人口を増加させ、住民の需要を満たすことで鉄道会社は潤う。阪急電鉄の小林一三が作り上げたといわれるそのモデルを、私鉄各社は忠実になぞっています。

 小林一三と縁のある東急(東京急行電鉄)も、同様の戦略的開発を行ってきた私鉄のひとつ。しかし、その2大看板路線である東横線(渋谷~日吉~横浜)と田園都市線(渋谷~長津田~中央林間)は、個性が大きく異なります。なぜそのように違っているのでしょうか、また今後、それぞれの路線はどこを目指していくのでしょうか。同社で沿線の開発を担当している東浦亮典さん(都市創造本部 開発事業部 事業計画部統括部長)にお話をうかがいました。

■東横線と田園都市線が東急の2大看板路線ですが、それぞれの個性は異なりますね

 東横線と田園都市線の個性の違いは、路線の成り立ちに起因するものだと考えられます。計画的に作られた路線である田園都市線に対して、東京・横浜という2つの大都市を結ぶ目的で作られた東横線。異なるのは当然です。なぜならマスタープランが違います。

 田園都市線は環境の良さを前面に押し出して、ファミリー層へ訴求してきました。東急が手がける施設とサービスの充実度が、東横線はもちろん、他路線と比べて圧倒的に高いのも特長です。東急としても自分たちの特色が強い路線であり、会社として何かを仕掛けやすい路線といえるかもしれません。

 路線としての目的地が存在しない田園都市線と違い、東横線は東京と横浜という大きな街へのアクセス・利便性を武器に発展してきました。ファミリーよりも単身者に人気で、「オシャレ」というイメージも定着しています。ただ、最近では東横線の沿線意識というのは希薄になっているかもしれません。

 

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 沿線人気もそうだが、

    横浜市民として
    東横直通や東京上野直通で気になるのは

    北関東・埼玉から横浜へ出てくる人、
    横浜から埼玉・北関東へ出かける人

    どちらが多いんだろうか?

    • それは北関東・埼玉から横浜へ出てくる人でしょう。
      東上線には川越、国営武蔵丘陵森林公園、小川町の山、
      西武には入間基地、狭山茶、秩父があるが、
      どれも横浜に比べると弱い。

      【湘南】新宿ラインからも分かるが北から南への流れのほうが多いだろう。

    • JR北海道が「単独では維持出来ない路線」なるものを発表したが、
      逆を言えば直通運転すれば維持出来るかもしれないということだ。

      将来を見据えて直通運転しまくりたくなる理由がよく分かった。
      東横線地上ホーム部分をJRの埼京線に明け渡し、地下深くになっても。

      埼京線には東横経由の相鉄が将来来るね
      詳しくは存じ上げないが

  2. 小さな事かもしれませんが、今まで始発および終着駅であったものが大半の列車が通過点になるのですから
    、待てば座れたものがそうでなくなります。東急の渋谷駅の場合は救済措置としてそれなりの頻度で渋谷折返しの列車を設定しては有りますが、JR(東)の上野東京ラインの場合はもっと悲惨で東海道/東北/高崎線とも東京/上野始発は格段に減らされ朝夕のラッシュ時は今まで以上に混雑しています。便利になった利用者もいるでしょうが、大半の乗客からすれば便利性の向上よりも不便になったと思うのではないでしょうか?さらに事故や車両故障等に伴うダイヤの乱れも、車両の運用範囲の拡大により長期化する傾向にあります。下手をすれば丸一日運休など珍しくありません。直通運転のデメリットについては会社側からの視点ならばそうなのでしょうが、もう少し利用者の視点も混ぜてみては如何でしょうか?