渋谷駅上空230mに屋外展望台誕生 スクランブルを真上から

東急電鉄は7月2日、渋谷駅の開発計画について説明会を実施。これまでの計画を変更して駅のすぐ隣、高さ230mの場所、しかも屋外に展望施設を設けることを発表しました。

ヒカリエより高い場所に屋外展望台

「地上230mにハチ公・スクランブル以上の名所が誕生します」(東急電鉄広報部、森田さん)

 東急電鉄は2015年7月2日(木)、渋谷駅街区開発計画について説明会を実施。JR渋谷駅と渋谷ヒカリエのあいだに建設されるビル「渋谷駅街区開発計画I期(東棟)」(以下、東棟)の屋上に、野外展望施設を設けることを発表しました。

150702 shibuya 01
高さ約230mの場所に設けられる「渋谷駅街区開発計画I期(東棟)」屋外展望施設のイメージ。

 その高さは、ヒカリエよりさらにおよそ50m高い地上約230m。展望施設は周囲がガラス張りになっており、外国人にも日本の名所として名高いスクランブル交差点を見下ろせるほか、東京の街並み、富士山の眺望なども楽しめるそうです。この高さにある屋外展望施設としては、日本最大級の規模だといいます。

 また階段が設けられているのは、その高さ・ダイナミックさを感じてもらうという意図があるそうです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント