雪国からミャンマーへ JR東日本、ディーゼルカー譲渡

JR東日本は、東北・新潟地区で使われていたキハ40系ディーゼルカーをミャンマーへ譲渡。合わせて技術支援を実施すると発表しました。

技術者もミャンマーへ派遣

 JR東日本は2015年7月17日(金)、ミャンマー鉄道公社への車両譲渡と、車両保守に関する技術支援を実施すると発表しました。

只見線の普通列車に使われているキハ40形ディーゼルカー(2009年1月、恵 知仁撮影)。

 譲渡される車両は東北地区の陸羽東線や石巻線、新潟地区の磐越西線や只見線などで使用されてきたキハ40系ディーゼルカー19両(キハ40形13両、キハ48形6両)。7月下旬から譲渡を始めるといいます。

 これと合わせて、譲渡されるディーゼルカーのメンテナンスを実際に担当していた技術者をミャンマーへ短期派遣。現地で技術支援を行うとのこと。車両の整備や機能確認業務、オーバーホールに関する支援が実施される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 素晴らしい事です。
    電車も人にも嬉しい事だと思います