「各駅停車のスーパーカー」30周年記念乗車券発売 伊豆急行

伊豆急行が「リゾート21」の30周年記念乗車券を発売します。

30年間活躍する伊豆急のフラッグシップ

 伊豆急行(静岡県伊東市)は2015年7月27日(月)、「リゾート21誕生30周年記念乗車券」の販売を発表しました。

「リゾート21」は1985(昭和60)年7月20日にデビュー。基本的に普通列車用の電車ながら、展望室構造や海側を向いた座席など行楽利用が強く意識された車両で、「各駅停車のスーパーカー」(伊豆急行)として設計されたといいます。

150728 resort21 01
「リゾート21誕生30周年記念乗車券」のイメージ(画像出典:伊豆急行)。

 その30周年記念乗車券は8月1日(土)から伊豆高原、伊豆熱川、伊豆稲取、河津、伊豆急下田の5駅で発売。先行販売分を含め1000部限定で、無くなり次第終了とのこと。台紙と硬券5枚のセットで980円です。

 また伊豆急行は今後の「リゾート21誕生30周年記念事業」について、決定次第、随時発表するとしています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. いわゆる、『バブル世代の遺物』と言える車両でしょうか…。何とも生きている我々にとっては複雑な心境ですね…。後にJR東日本113•115系譲渡→廃車により、親会社の東急8000系譲渡と、在来車の100•1000系等を置き換える運命になっちゃいましたけど、1両残存している100系には頑張って欲しいですね。レストアによって、冷房は撤去してしまいましたけど(泣)、エールを送りたいと思います。