東京メトロ売店、8月4日からローソンに 公共料金支払いも可能

東京メトロの駅構内売店「メトロス」。そこに“コンビニ機能”が加えられた「ローソンメトロス」の1号店が8月4日、秋葉原駅にオープンします。

駅売店に“コンビニ機能”を導入

 東京メトロの駅構内売店「メトロス」、その「ローソン化」が2015年8月4日(火)から始まることが7月30日(木)、発表されました。


 今年4月24日、東京メトロのグループ会社メトロコマースとローソンは、メトロコマースが運営する駅構内売店「メトロス」のうち50店を目途に、ローソンのフランチャイズ売店へ転換することで合意し、業務提携契約を締結。その最初の店舗として8月4日、「ローソンメトロス秋葉原店」がオープンします。

150730 lawson 01
日比谷線秋葉原駅構内にオープンする「ローソンメトロス秋葉原店」のイメージ(画像提供:ローソン)。

 ローソンによるとおにぎり、デザート、オリジナル健康菓子などの販売に加え、公共料金の支払いやクレジットカードによる決済など、従来の「メトロス」には無かった“コンビニ機能”が導入されており、「Pontaカード」も利用できるそうです。


 また外国語による商品説明の表記や、外国人観光客に人気の商品を揃えるなど、インバウンド需要にも対応。取り扱いアイテム数は500品目以上とのこと。


 東京メトロとメトロコマース、ローソンの3社は「2020年に向け、増加する外国人観光客に向けたサービスや情報発信、商品の品揃えなどで協力し、首都の支えるインフラとしての機能を向上させた新しいスタイルの駅ナカコンビニを構築して参ります」としています。


 また東京メトロによると、「メトロス」の店舗数は6月25日現在で140店といいます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント