石北本線、8月8日運転再開へ 降雨災害から1週間で復旧 JR北海道

JR北海道は災害で不通になっている石北本線について、8月8日に復旧工事を完了。1週間ぶりに運転再開の見込みと発表しました。

お盆のピーク前に復旧完了

 JR北海道は2015年8月6日(木)、災害で不通になっている石北本線の上川~遠軽間について、8月8日(土)午後から1週間ぶりに運転を再開する見込みであると発表しました。

 同社によると現在、全力で復旧工事を進めているといい、8月8日の昼頃までに当該箇所で試運転を実施。安全を確認したあと、上りは網走発13時29分の札幌行き特急「オホーツク6号」、下りは旭川発15時05分の北見行き特快「きたみ」より運転を再開する予定といいます。

 JR北海道は8月3日(月)、「現時点ではお盆のピーク前までに復旧工事の完了を目指す」としていました。

降雨によって路盤が流出し、宙に浮いた石北本線の線路(写真出典:JR北海道)。

 ただ、復旧工事の進捗状況によっては変更になる場合があるほか、運転再開後も車両運用の都合上、一部の普通列車に運休が発生する見込みです。

 新旭川と網走駅を結ぶ石北本線では8月1日(土)、下白滝~丸瀬布間で降雨のため約25mにわたって路盤が流出。上川~遠軽間で終日運休していました。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 石北本線は復旧できたのに、日高本線はなぜ復旧できないのか、不思議ですね。