観光列車「花嫁のれん」、10月3日デビューへ 「北陸DC」に合わせ

JR西日本は能登半島方面に導入する新たな観光列車「花嫁のれん」について、10月3日から運行を開始すると発表しました。「北陸DC」期間中は運転日が多くなります。

「北陸の和と美」が込められた観光列車

 JR西日本金沢支社は2015年8月7日(金)、「北陸デスティネーションキャンペーン(北陸DC)」に合わせて金沢~和倉温泉間へ新たに導入する観光列車「花嫁のれん」について、10月3日(土)から運転を開始すると発表しました。

 運転日は10月3日(土)から2016年2月28日(日)までの土日祝日(それ以降は今後発表)。ただし12月29日(火)までの月・火・金曜日は、「北陸DC」実施に伴い運転される計画です(12月8日を除く)。また2016年2月12日(金)にも運転されます。

2両編成で2015年10月から能登半島を走り出す「花嫁のれん」(画像提供:JR西日本)。

 全車指定席の特急列車として1日2往復運転され、そのダイヤは下り「花嫁のれん1号」が金沢発10時15分~和倉温泉着11時37分。「3号」が金沢発14時15分~和倉温泉着15時32分。上りは「2号」が和倉温泉発12時07分~金沢着13時21分。「4号」が和倉温泉発16時30分~金沢着17時53分です。

 また「花嫁のれん1号」は和倉温泉で、奥能登を手軽に観光できる定期観光バス「のと恋路号」(北鉄能登バス)と接続します。

 観光列車「花嫁のれん」は、車両全体で「北陸の和と美」を感じられるデザインなのが特徴。1号車には8つの半個室と物販スペースが用意され、2号車には催し物の開催も可能なスペースが設けられます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント