富山の新観光列車は「べるもんた」 10月デビュー

JR西日本が2015年秋から富山県の城端線、氷見線で運行を始める観光列車について、名称を「ベル・モンターニュ・エ・メール」、愛称を「べるもんた」にすると発表しました。

富山の美しい自然が名前の由来

 JR西日本は、城端線と氷見線(富山県)で2015年10月から新たに運行する観光列車について、その名称を「ベル・モンターニュ・エ・メール(Belles montagnes et mer)」、愛称を「べるもんた」にすると発表しました。

キハ40形ディーゼルカーを改造して誕生した「べるもんた」(画像提供:JR西日本)。

 高岡を起点に山側へ延びる城端線と、海側へ延びる氷見線。そこにある「美しい山と海」をフランス語で表現し、国内の利用者へインパクトを与えつつ、海外からも認知される名称にしたといいます。また合わせて親しみを持って呼んでもらうために、「べるもんた」という愛称を付けたそうです。

 この「べるもんた」は「走るギャラリー」がコンセプト。外装デザインはそれにふさわしいよう、モダンで品格のあるダークグリーンとメタリックゴールドを使い、「山や田園、海沿いを優雅に走る貴婦人」がイメージされています。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「ベルモンタ」に乗ってみたいなと思います。観光目的で・・・。