留萌本線留萌~増毛間、2016年度廃止へ 1列車あたり乗客3人 JR北海道

JR北海道が8月10日、2016年中の留萌本線末端部分の廃止について、地元自治体に説明しました。廃止の理由は「乗客の激減」「大幅な赤字」「災害」です。

1列車あたりの乗客は、平均でわずか3人

 JR北海道は2015年8月10日(月)、留萌本線の留萌~増毛間16.7kmについて、2016年度中の廃止を留萌市長、増毛町長に説明したと発表しました。

 留萌本線は、函館本線と接続する深川と増毛駅を結ぶ66.8kmの路線で、その末端部分である留萌~増毛間が廃止される形です。

2016年度中の廃止が伝えられた留萌本線の増毛駅(2007年2月、恵 知仁撮影)

 廃止の理由は「乗客の激減」「大幅な赤字」「災害」です。

 JR北海道によると同区間の輸送密度(1日1kmあたりの平均輸送量)について、1987(昭和62)年度は480人だったものが2014年度は39人と、12分の1以下に減少しているとのこと。平均すると、乗客は1列車あたりわずか3人の計算になります。

 そして2013年度は700万円の営業収入に対し25倍以上の経費を要し、年間1億6000万円以上の赤字が発生。「鉄道が地域の交通手段としての役割を担うには大変厳しい現実」(JR北海道)といいます。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. もう 時間の問題だったけどね。