「青函トンネル1期生」13年ぶりに復活 快速「海峡」運転

1日限りで、青函トンネルが開業した当時の情景がよみがえります。7月4日、「青函トンネル1期生」の快速「海峡」が13年ぶりに復活するのです。ただその復活は、今回が最初で最後かもしれません。青函トンネルは来春、激変します。

「一本列島」当時の風景が

 青函トンネルをくぐり抜け、かつて本州と北海道を結んでいた快速「海峡」が2015年7月4日(土)の1日限りで、13年ぶりに復活することになりました。

函館で発車を待つ快速「海峡」。ED79形という青函トンネル用の機関車が、青い客車をけん引した(1993年8月、恵 知仁撮影)。

 快速「海峡」は1988(昭和63)年3月13日の青函トンネル開業と共に、青函連絡からその役割を受け継ぐ形で誕生しました。つまり「青函トンネル1期生」の列車です。しかし2002(平成14)年、特急「スーパー白鳥」の運転開始で世代交代。運行を終了しています。

 来年の2016年3月、北海道新幹線開業に伴って大きく姿を変える青函トンネル。その前に1日だけ「青函トンネル1期生」の快速「海峡」が復活し、27年前に青函トンネルが開業した当時の風景がよみがえる、というわけです。

 また青函トンネルが開業した1988年春には、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋も開業。そのダイヤ改正は、「一本列島」というキャッチコピーで行われました。今回の快速「海峡」復活は、「一本列島」が実現した当時の姿が再現されるものでもあります。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント