新たなバリアフリーを提案 西武の新型通勤電車40000系、2017年登場

西武鉄道に2017年、新型通勤電車40000系がデビューします。「パートナーゾーン」という新たなバリアフリーが提案されているほか、変化する座席などが特徴です。

さらに進んだ省エネ性能

 西武鉄道は2015年8月24日(月)、新型通勤車両40000系を2017年春から運行すると発表しました。

150824 seibu 01
西武の新型通勤車両40000系。アルミダブルスキン構体でIGBT式VVVFを採用。設計最高速度は120km/h(画像提供:西武鉄道)。

 外観デザインは、西武グループのコーポレートカラーを基調にしつつ、「山の緑と空の青」をイメージ。「当社線沿線の風景や自然を感じさせるカラーリングを採用」(西武)したとのこと。


 特徴のひとつは、高い省エネ性能です。アルミ合金採用による軽量化やLED照明、最新技術のモーターを採用するなど、従来の省エネ車両と比較し電気使用量がさらに約40%削減されています。


 そしてこの40000系は、新しいバリアフリーの形「パートナーゾーン」の新規導入など、接客設備の進化も大きな特徴です。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント