ドクターイエロー車内へ潜入 連結部も“らしい”その内部

実はしばしばある「ドクターイエロー」車内へ入れる機会

 会うだけでも大変な「ドクターイエロー」ですが、その車内へ入れる機会は、実はしばしばあります。

 JR東海は2015年8月29日(土)、親子向けに「東海道新幹線のおしごとを学ぼう」というツアーを実施しました。普段は乗れない回送線を通って大井車両基地(東京都品川区)へ向かい、その基地や「ドクターイエロー」車内を見学しよう、というものです。

Large 150923 t4 08
「ドクターイエロー」車内で説明を受ける参加者たち(2015年8月29日、恵 知仁撮影)。

「ドクターイエロー」の車内見学では解説員から説明を受けられたほか、その運転席に座ることもできました。

Large 150923 t4 09
「ドクターイエロー」の運転席で記念撮影も可能だった(2015年8月29日、恵 知仁撮影)。

 JR東海は2015年10月と11月、今度は名古屋車両基地への回送線に乗車し、その車両基地と「ドクターイエロー」車内を見学するツアーを実施します。

 しかしこのツアーは9月23日(水)時点で、すべて満員です。ただその高い人気、そして現在、JR東海が「親子で楽しむ新幹線」として様々な企画を行っていることから、今後も同様のツアーが開催される可能性は高いでしょう。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント