見えない車庫へ特別新幹線 回送1723号走る

東海道新幹線から見えない東海道新幹線の車庫へ向かって、特別列車が運転されました。その名も回送1723号。道中にはたくさんの珍しい出来事がありました。

東京にある“見えない車両基地”

 東海道新幹線の車両基地は複数あり、その車窓からも見ることができます。東京にもありますが、それを車窓から見たことのある人は、非常に少ないでしょう。東京の車両基地は、「のぞみ」や「ひかり」「こだま」が走る線路からは遠い地点にあるためです。

 その場所は東京都品川区八潮。東京モノレールの大井競馬場前に近い湾岸エリアにあり、「大井車両基地」と呼ばれています。

回送線を走る“特別な新幹線”に乗って、大井車両基地を見学(2015年8月29日、恵 知仁撮影)。

 2015年8月29日(土)、車窓から見えず、行くこともできないその大井車両基地へ、特別列車が走りました。JR東海が親子向けに「東海道新幹線のおしごとを学ぼう」というツアーを実施。普段は乗れない回送線を通って大井車両基地へ向かい、その内部や新幹線のお医者さん「ドクターイエロー」を見学しよう、というものです。

 JR東海によると、大井車両基地へ向かうこうした企画は今年で2回目とのこと。昨2014年、東海道新幹線の開業50周年を記念し初めて行ったところ好評で、今年も実施したといいます。

 この大井車両基地へ向かう特別な新幹線、その車内からはどんなものが見えるのでしょうか。実際に乗車してきました。

この列車は回送1723号、大井車両基地行きです

 東京駅から大井車両基地行きの特別新幹線に乗車して、まず驚いたのは、車内で次の内容が繰り返し放送されていたことです。

「ピピピピッ! ピピピピッ! ピピピピッ! ピピピピッ! ピピピピッ! ピピピピッ! この電車は回送列車です。ご乗車いただけません。間違えてご乗車されているお客さまは、進行方向前寄りの運転室までお越しください」

 終点へ着いたのに降りそびれてしまった人のために、繰り返しこの案内放送が流れていました。この放送を聞いたことのある人も、少ないのではないでしょうか。

 そしてなぜこの放送が流れていたかというと、車掌さんによる放送に答えがあります。

「この列車は回送1723号、大井車両基地行きです」

 大井車両基地への回送線を行く特別新幹線は「回送」扱いでの運転で、東京駅の発車案内表示も「回送」。そのためツアー参加者は、“合法的に回送列車へ乗り込む”という貴重な体験もしたことになります。

赤い線が東京駅から大井車両基地へのルート(地図出典:国土地理院/「カシミール 3D」で加工)。

 動き出す前から珍しい体験ばかりの、大井車両基地行き回送1723号。いよいよ東京駅を発車しました。

1 2 3 4

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント