【今日は何の日?】難読&珍名の及位駅が開業

10月21日、難読かつ珍名として知られる及位駅が開業しました。

 1904(明治37)年の10月21日。難読駅名として、また珍駅名として知られる及位駅が山形県で開業しました。奥羽南線(現在の奥羽本線)の新庄~院内間が開通したことに伴うものです。

151021 nozoki 01
山形県と秋田県の県境付近にある奥羽本線の及位駅(2009年7月、恵 知仁撮影)。

「及位」と書いて「のぞき」と読むこの駅、由来は諸説ありますが、付近で行われていた山岳修行に由来する、というのが有力とされます。

 かつて修験道が盛んだったころ、付近の山で修験者たちが、険しい断崖で宙づりになって崖の横穴をのぞき込む修行「のぞきの行」を行っていたとのこと。そして、この「のぞきの行」をして高い位に及んだ修験者がいたことから、「及位」という地名が生まれたといいます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント