2020年には山手・埼京が隣に JR渋谷駅大改造、9月に本体工事着手へ

JR渋谷駅の姿が2020年、大きく変わっていそうです。今年9月から、JR東日本が本格的にその改良工事へ着手します。

埼京線ホームを350m移設、山手線ホームも改良

 2015年7月14日(火)、JR東日本は渋谷改良工事について、今年9月から本体工事に着手する予定であることを明らかにしました。

 現在、山手線ホームから離れた場所に位置する埼京線(湘南新宿ライン)のホームは、2020年春を目標に北へ約350m移設。山手線ホームと並ぶ形になります。ホームの幅は最大12mです。

JR渋谷駅改良工事の概要。山手線ホームと埼京線ホームが並ぶように(画像出典:JR東日本)。

 また山手線ホームも改良される予定で、現在は内回り線と外回り線でひとつずつ、片面のホームがありますが、将来的にはホームが内回り線と外回り線に挟まれる島状の形になります。ホームの幅は最大16mです。

 1階と3階の駅構内コンコースも拡充されます。JR東日本によると、それにより「駅構内の混雑緩和、他社線との乗換動線の改善」を図るとのこと。また1階、3階コンコースと山手線・埼京線各ホームを結ぶエレベータが整備されます。

 駅の東西を結ぶ自由通路も、1階北側に幅22m、1階中央部に幅23mのものが整備される予定です。

 全体の完成は2027年度が見込まれており、長期の工事になることから段階的に整備、供用するとのこと。JR東日本は2020年時点において、埼京線ホームの移設、改札内におけるバリアフリー設備の整備、他社線との乗換動線を改善することを目標に、工事を進めていく計画です。

 現在、渋谷駅周辺地域では、災害に強い国際的な観光文化都市「渋谷」の実現を図るため、交通結節点機能の強化、渋谷駅の機能更新と再編、駅ビルの再開発などが進められており、JR渋谷駅の改良工事もそれに合わせて行われるものです。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント