鉄人28号が「スター・ウォーズ」仕様に 関空特急「ラピート」

SF的なデザインで知られる南海の関空アクセス特急「ラピート」が、映画『スター・ウォーズ』とコラボ。全身が「スターフィールド」に包まれた特急「ラピート」が走り出します。

SF的な車両がよりSF的に

 南海電鉄は2015年10月21日(水)、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』とコラボレーションした関空特急「ラピート」を、11月21日(土)から運行すると発表しました。

 SF的なデザインから「鉄人28号」などと鉄道ファンから呼ばれている、南海の関空アクセス特急「ラピート」。その1編成全体を、黒色を基調とした「スターフィールド」で覆い、各車両の外装へ作品に登場するキャラクターを配置。映画の世界観を表現するといいます。

特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号の外装イメージ(画像提供:南海電鉄)。

 各車両の外装に配置されるキャラクターは、1号車と6号車がカイロ・レン、レイ、BB-8、2号車と5号車がフィン、キャプテン・ファズマ、3号車がポー・ダメロン、ストームトルーパー、4号車がC-3PO、R2-D2、チューバッカです。

 内装についても、客室扉や通路などにキャラクターや「スターフィールド」のデザインが施されます。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント