乗務員が新幹線カード配布 第1弾はドクターイエロー JR東海

JR東海が、オリジナル「新幹線カード」の配布を開始。また「親子で楽しむ新幹線」Facebookページがリニューアルされ、「いいね!」で当たるキャンペーンなどが実施されます。

表面デザインは季節ごとに変更

 JR東海は2015年10月22日(木)、「親子で楽しむ新幹線」冬のキャンペーンについて発表。新幹線車内などで乗務員が、オリジナル「新幹線カード」の配布を始めることを明らかにしました。

151023 923 01
JR東海が配布するオリジナル「新幹線カード」の第1弾「ドクターイエロー」(画像出典:JR東海)。

 配布は10月23日(金)からスタート。今回登場する「新幹線カード」の第1弾は、走行しながら線路設備の点検を行うことから“新幹線のお医者さん”とも呼ばれる、923形新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」です。

「カードの配布を通して、乗務員が親子の皆様と交流し、思い出に残るような新幹線の旅となるようおもてなしします」(JR東海)

 カードの表面デザインについては、季節ごとに変更する予定とのこと。また配布対象は子どもで、枚数に限りがあるほか、混雑などの状況によっては配布できないこともあるそうです。

 またJR東海は、「親子で楽しむ新幹線」のFacebookページをリニューアル。乗務員によるその仕事についてのコラムや新幹線の裏側、豆知識、イベント情報などを発信していくといいます。「いいね!」をすることで当たる「新幹線グッズプレゼントキャンペーン」も実施されます。

・「親子で楽しむ新幹線」Facebookページ(JR東海)

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント