ペトリオットPAC-3、全国配備が完了 弾道ミサイル防衛

防衛省が最新の迎撃ミサイル「PAC-3」の全国配備を完了したと発表しました。

全国6つの高射群へ配備が完了

 防衛省は2015年10月28日(水)、地対空ミサイルPAC-3を同日に航空自衛隊の千歳基地(北海道)へ配備したと発表。これでPAC-3は、全国への配備が完了しました。

151029 pac3 011
空自が全国配備を完了したPAC-3(写真出典:防衛省)。

 地上から航空機を撃墜する「ペトリオット」ミサイルは、湾岸戦争でイラクが発射した弾道ミサイルの迎撃に活躍。PAC-3はその最新版にあたり、現在のところ世界最高の弾道ミサイル迎撃能力を持つとされます。

 防衛省は2004(平成16)年度から、弾道ミサイル防衛システムの整備に着手。空自が展開する全国6つの高射群(迎撃部隊)に「PAC-3」の配備を進めていました。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. パトリオットは湾岸戦争ではたいした活躍は出来ませんでした。命中率はかなり盛った発表をしていましたが、その後数%であったことがわかっております。
    湾岸戦争において弾道ミサイルの迎撃に効果的であったと誤解を生む記事ですね。

  2. そもそも、ペトリの配備と乗り物ニュースの関係は何ですかね?
    最近ミリネタが多いし、かつその記事も今一つなだけに、何でか?と思ってしまう。