最後の寝台特急「サンライズ瀬戸」、終着駅を6日間変更 琴平へ

定期運行される最後の寝台特急のひとつ「サンライズ瀬戸」が今冬、通常の終着駅である高松駅より先、琴平駅まで延長運転を行います。

「こんぴらさん」の駅まで

 寝台特急「サンライズ瀬戸」が今冬、通常の終着駅である高松駅より先、琴平駅(香川県琴平町)まで延長運転を行います。

151104 sunrise 01
「サンライズ瀬戸・出雲」は定期運行される最後の寝台特急(2009年5月、恵 知仁撮影)。

 東京駅発の下り列車が対象で、高松駅へ7時27分に到着し、7時54分に同駅を発車。多度津駅と善通寺駅に停車したのち、終点の琴平駅には8時51分の到着です。延長運転を行う日は、東京駅発車時点が基準で12月31日と1月1日、2日、8~10日の合計6日間です。

 琴平駅は、海上交通の守り神であり、「こんぴらさん」として親しまれる金刀比羅宮の最寄りJR駅。寝台特急「サンライズ瀬戸」の琴平駅延長運転について、JR四国は「金刀比羅宮初詣に便利」としています。

 寝台特急「サンライズ瀬戸」は、東京~岡山間で連結して運転される寝台特急「サンライズ出雲」(東京~出雲市)と共に、定期運行されている日本で最後の寝台特急です。2014年から、琴平駅への延長運転が行われるようになりました。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント