1両丸々スイートも JR西日本の豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」、車両デザイン決定

JR西日本が、2017年春から運行を開始する豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」について、車両デザインを公開しました。

「トワイライトエクスプレス」の伝統受け継ぐ豪華列車

 JR西日本は2015年9月16日(水)、2017年春の運行開始を予定している豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレス みずかぜ)」の車両デザインを公開しました。

 この「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」は、今年3月まで大阪~札幌間を結んでいた豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」の伝統を受け継ぐ列車、という位置づけ。10両編成で各地を周遊する予定で、JR西日本では「美しい日本をホテルが走る」という列車コンセプトを掲げています。

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の先頭車両。丸目のヘッドライトや、往年のボンネット型車両を彷彿とさせる運転室配置が特徴という(画像提供:JR西日本)。

 デザインのコンセプトは、洗練された上質さと、心休まる懐かしさを感じられる「ノスタルジック・モダン」。その外観は、展望デッキと5本のラインからなる流線型の先頭車が特徴的です。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 自社内完結は、乗客不在企画ではないのか?

    • 良くも悪くも、JRはカスタマーセンタードの企業ではない。特に本州三社は。