【今日は何の日?】「Suica」サービス始まる

11月18日、JR東日本が首都圏で「Suica」サービスを始めました。

 2001(平成13)年の11月18日。JR東日本がICカード乗車券「Suica」のサービスを、首都圏の424駅で開始しました。

 2004(平成16)年3月からは、現在のように電子マネーとしての利用も可能に。以後、全国の交通系ICカードで相互利用もできるようになるなど活躍の場は拡大し、発行枚数は2020年3月現在で8200万枚以上です。2006(平成18)年1月にスタートした、携帯端末で使える「モバイルSuica」は2020年9月に会員数が1000万人を突破しています。

Large 201118 suica 01

拡大画像

新宿駅新南改札前の広場に設置されている「Suicaのペンギン」像(2020年11月、乗りものニュース編集部撮影)。

 ちなみに、「Suica」の名は「super urban intelligent card」が由来で、「スイスイ行けるICカード」、「スイカ」の意味合い、語呂合わせにもなっています。

 またサービス開始前、埼京・川越線の恵比寿~川越間で3か月間のモニターテストが行われ、95%が「便利」と評価しました。

【了】

【写真】JR東日本本社とペンギン像

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to お座敷モノレール2号 Cancel reply

2件のコメント

  1. 認識を確実にするために「タッチ」という利用方法を広報したそうだが、カードリーダーからカードを浮かせて改札機を通ることができれば多少なりとも衛生的かもしれない。

  2. 品川駅で撮影された、なぎら健壱がペンギンの着ぐるみ着たCMを思い出した。