【今日は何の日?】鹿児島本線(初代)が全線開通 現在は別名の区間

11月21日、鹿児島本線(初代)が全通しました。

 1909(明治42)年の11月21日。鹿児島本線が全通し、現在の門司港駅(福岡県北九州市)と鹿児島駅が結ばれました。

 しかしこのとき開通した区間は、人吉駅(熊本県人吉市)と吉松駅(鹿児島県湧水町)のあいだ。現在は「肥薩線」と呼ばれている路線です。

151121 hisatsu 01
ループ線やスイッチバックなど“鉄道の山越え”を楽しめる肥薩線(2011年5月、恵 知仁撮影)。

 八代駅(熊本県八代市)と隼人駅(鹿児島県霧島市)を、内陸部の山地帯を通りながら結んでいる現在の肥薩線。当初の鹿児島本線は、この肥薩線ルートで福岡と鹿児島を結んでいました。

 鹿児島本線が現在の肥薩線ルートで建設された理由としては、艦砲射撃の標的になりにくいことなどが挙げられます。しかし勾配が多く輸送力に制限があり、1927(昭和2)年に海沿いのルートが完成すると、そちらが鹿児島本線になりました。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント