御堂筋線の新車、車内照明がさくら色など5色に 大阪市交通局

御堂筋線へ来年秋に導入される新車の概要が明らかになりました。快適性向上が開発テーマですが、その車内照明が斬新です。

照明が季節や時間帯で5色に変化

 大阪市交通局は2015年12月14日(月)、御堂筋線で2016年秋頃から導入する新車の車内デザインと設備概要を発表しました。

 この新車は、2011年から御堂筋線に導入している30000系という通勤形車両をベースに、「車内空間の快適性向上」という新たなテーマで改良を加えたものです。

151214 midosuji 01
御堂筋線の新車に導入される「ソメイヨシノ」「しだれ桜」色の照明(画像出典:大阪市交通局)。

 車内では、LED照明が季節や時間帯に合わせて5色(白色・昼白色・電球色・しだれ桜・ソメイヨシノ)に変化。「サーカディアンリズム」と呼ばれる、生物が持つ1日の生活リズムにならって制御されます。

 同局によると「ソメイヨシノ」色は光によるストレス感が少なく、癒しや集中などの効果が検証されているといい、鉄道の車内照明に使用されるのは国内初。また「しだれ桜」色は鉄道車両用に開発された新色とのことです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 御堂筋線31系31604Fは平成28年3月21日頃で31605Fから31609Fは平成29年7月22日から10月14日までの間ですが車輛メーカーはさてどこでしょうかとのことですが、