新幹線の滑り止め配布 受験お守りに JR西日本

新幹線「さくら」の滑り止めが、お守りになりました。

「さくら」の滑り止めで

 JR西日本福岡支社は2016年1月12日(火)、新幹線の滑り止めを「お守り」として受験生に配布すると発表しました。

160113 sakura 01
山陽・九州新幹線「さくら」などとして運転されるN700系。東海道・山陽新幹線用のN700系とは白藍色の外装など仕様が異なる(2011年10月、恵 知仁撮影)。

 山陽・九州新幹線の「さくら」などで使用されるN700系車両には、ブレーキを作動させた際に車輪とレールのあいだへ砂(セラミック)を散布。摩擦を大きくすることで車輪の滑りを抑え、早く停止できるようにする装置が搭載されています。

 この砂を「さくら咲く!滑らない砂」として受験生に配布するもので、JR西日本グループの社員がお守りひとつひとつに砂を詰め込み、製作したそうです。

 配布は1月15日(金)の14時頃から16時頃まで、博多駅の新幹線中央改札口付近で行われます(無くなり次第終了)。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント