電車型ローソン誕生 運転席には撮影コーナー 山陽電車板宿駅

ローソン初の“電車型コンビニ”がまもなくオープン。運転席に当たる部分には「撮影コーナー」が設けられるなど、“電車らしさ”が活かされた内容になっています。

電車グッズの特設売り場も

 ローソン初の“電車型コンビニ”が、2016年1月27日(水)の朝7時にオープンします。

160121 lawson 01
ローソン初の電車型コンビニ「ローソン+フレンズ山陽板宿ちか店」のイメージ(画像出典:ローソン)。

 山陽電鉄グループで駅売店などを展開する山陽フレンズ(兵庫県明石市)とローソンが共同開発したもので、山陽電車の板宿駅(兵庫県神戸市)改札前の売店を拡張。“電車型コンビニ”としてリニューアルするものです。

 外観デザインには、山陽電車に今春から導入される予定の新型車両6000系が採用されました。店内では、運転席に当たる位置へ「撮影コーナー」や、電車グッズの特設売り場などを設置。「電車がお好きな方や家族連れのお客さまにもお楽しみいただけます」とのことです。

 山陽フレンズとローソンは「今後も山陽電車沿線を中心に、より多くの地域のお客さまに愛される店舗づくりを積極的に進めてまいります」としています。

 山陽電鉄は、兵庫県の神戸市や姫路市などに63.2kmの路線網を持つ準大手私鉄。阪神電鉄経由で大阪市の梅田駅まで直通運転も行っています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント