ダム、橋、隧道 インフラの観光資源化を推進 国交省

国土交通省が、橋やダムの見学といった「インフラツーリズム」を紹介するポータルサイトを開設しました。

「旬なインフラツアー」など情報を定期更新

 国土交通省は2016年1月22日(金)、「インフラツーリズム」を紹介するポータルサイトを開設したと発表しました。橋やダムなどのインフラ(社会基盤)を「観光資源」として活用する取り組みを、さらに推進するのが目的です。

全国で行われている「インフラツアー」の例(画像出典:国土交通省)。

 このポータルサイトでは、全国各地で行政や民間が開催するインフラの見学会やツアーなどについて、その内容紹介や「旬なインフラツアー」といった最新情報を集約。今後、定期的に情報が更新される予定です。

 ちなみに現在「旬なインフラツアー」としては、国土交通省が2月に東京・秋葉原周辺で行う舟運社会実験「神田川周遊ミニクルーズ」が紹介されています。

■インフラツーリズム ポータルサイト

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント