東京~新大阪3450円引き 岡山以西は4割引も JR東海

JR東海が今冬、期間限定で新幹線の割引商品を発売します。

初夏に発売し好評だったため

 JR東海が会員制の新幹線ネット予約サービス「エクスプレス会員向け」に、「IC早特タイプ21」と「EXファミリー早特」を期間限定で発売します。同社によると今年2015年初夏に発売して好評だったことから、今冬も発売するとのこと。

1975(昭和50)年に東京から博多駅まで新幹線が開通した(2010年2月、恵 知仁撮影)。

「IC早特タイプ21」は、乗車駅を6時台と11~15時台に出発する「のぞみ」(東海道区間)の普通車指定席が対象で、東京~新大阪間が1万1000円と通常より3450円安くなります。利用期間は2015年12月1日(火)から2016年2月29日(月)まで(12月18日~1月4日は除く)。乗車1ヶ月前の10時から21日前の23時30分まで予約できます。

「EXファミリー早特」は、3日前までの予約により土日祝日の新幹線に割引価格で乗車できるもの。今年は東海道・山陽新幹線が全線開業40周年であることから、岡山駅以西の利用が最大約40%割り引かれるのが特徴です。

 東京~博多間の「のぞみ」普通車指定席は通常1人2万2950円ですが、この「EXファミリー早特」では1人あたり1万3800円と大幅に割り引かれます。ただ、2人以上が同一行程で利用せねばなりません。利用期間は、12月5日(土)から2月28日(日)の土日祝日と2月12日(金)です(12月26日~1月3日は除く)。「のぞみ」「ひかり」「こだま」が利用でき、グリーン車用、子ども用の設定もあります。

 JR東海によると、これら両商品とも発売席数は列車ごとに限りがあるそうです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント