改札口を天然アロマで演出 駅ごとに香りを毎月選定 東急

東急電鉄が駅改札や観光案内所などで“香りの空間演出”を始めます。

シースルー改札口や観光案内所など17駅23か所で

 東急電鉄は2015年1月25日(月)、改札口や観光案内所などにアロマディフューザーを設置。天然アロマによる香りの空間演出を開始すると発表しました。

160126 tokyu 01
シースルー改札と使用する天然アロマのイメージ(写真出典:東急電鉄)。

 アロマディフューザーの設置場所は、すべてのシースルー改札(周囲を見通しのきくガラス張りにし、室内にオープンカウンターを設置した改札窓口)、東急東京メトロ渋谷駅観光案内所、渋谷ちかみち総合インフォメーションの17駅12か所です。

 毎月、駅ごとに「オレンジグレープフルーツ」や「フラワーオレンジ」「シトラスライム」など全12種類のアロマ(天然100%エッセンシャルオイルブレンド)から使用する香りを選定。2月1日(月)から実施されます。また使っているアロマの種類は、改札付近に表示するとのこと

 東急電鉄は、「お立ち寄りの際には是非香りもお楽しみください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント