「あまちゃん」車両、里帰りへ 引退する三陸鉄道のお座敷車

ドラマ「あまちゃん」の撮影にも使用された三陸鉄道のお座敷車両が、まもなくラストラン。その後、“里帰り”することになりました。

「潮騒のメモリーズ」が車内ライブ

 三陸鉄道は2016年2月19日(金)、お座敷車両「さんりくしおかぜ」について、引退後は新潟トランシスへ引き渡すことを発表しました。

160223 sanriku 01
一番右の青い車両が引退する「さんりくしおかぜ」(写真出典:photolibrary)。

「さんりくしおかぜ」は、NHKの朝の連続ドラマ小説『あまちゃん』にて、劇中のアイドルユニット「潮騒のメモリーズ」がライブを行ったことでも広く知られていた車両です。三陸鉄道がこの車両の引退を明らかにすると、その去就について数多くの問い合わせが寄せられたとのこと。

 車両が引き渡される新潟トランシスは、新潟県で鉄道車両の設計、製造などを手掛けており、富士重工業の鉄道部門を前身の一部としています。「さんりくしおかぜ」が誕生したのも富士重工業であり、ある意味“里帰り”ともいえそうです。

「さんりくしおかぜ」の運行は3月31日(木)をもって終了。それまでの期間、三陸鉄道では同車両を使用したリアルあまちゃんお座敷列車「『しおさいのメモリーズ号』さよならバージョン」や、さまざまな記念グッズがもらえるイベント列車「さんりくしおかぜプレミアムファイナル」の運行を予定しています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. なんで新潟鐵工所って言ってあげないの?

  2. 車両が引き渡される新潟トランシスは、新潟県で鉄道車両の設計、製造などを手掛けており、富士重工業の鉄道部門を前身の一部としています → 新潟鉄工所 ではないでしょうか