東京駅でパーク&ライド実施 東海道新幹線の家族利用を手軽に

郊外などではよく行われている「パーク&ライド」を、JR東海が東京駅で実施。家族連れでの新幹線利用が便利になるといいます。

子どもにとって大きな「新幹線乗車」をより手軽に

 駅周辺の駐車場にクルマを停め、列車で移動する「パーク&ライド」。郊外などでは広く見られるものですが、JR東海が東京駅で実施します。

 東京駅の八重洲中央口に直結する「八重洲パーキング」と、東京~名古屋間の往復新幹線指定席、子ども分のソフトドリンク引換券をセットにした「日帰り1Day名古屋 パーク&ライド新幹線」というものです。

160318 jrtokai 01
「日帰り1Day名古屋 パーク&ライド新幹線」では、3列シート×1もしくは2列シート×2で座席が用意される(2011年11月、恵 知仁撮影)。

 価格は、大人2人と子ども1人で2万9800円、大人2人と子ども2人で3万4900円。2016年4月から9月までの土日祝日(一部を除く)に利用できます。

 きっぷを窓口で普通に購入すると、東京~名古屋間は東海道新幹線「のぞみ」普通車指定席(通常期)の大人片道で1万1090円のため、かなり割安に設定されているのもポイントです。

 JR東海によると、「疲れない旅」「分かりやすく求めやすい価格」「子どもが喜ぶサービス」がポイントとのこと。車両の写真などが印刷された「新幹線カード」も、子どもへプレゼントされます。

 同社は「親子で楽しむ新幹線」として家族で“新幹線の旅”を楽しんでもらう企画を行っており、この“東京駅パーク&ライド”はその一環として登場したもの。子どもにとっては「新幹線に乗る」ということだけで旅行気分であり、その「新幹線」をもっと気軽に、便利に使ってもらい、家族一緒に過ごす休日をより思い出深いものにしてもらえれば、ということから発売したといいます。

 ただ、使用できる列車が往路は東京駅発8時台の2本、復路は東京駅着18時台、もしくは21時前後の合計4本に限られるほか(いずれも「のぞみ」)、1日40組140人の発売であること、駅にある「みどりの窓口」ではなくJR東海ツアーズの店舗、また電話で申し込むことに注意が必要です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント