相鉄線の「桜名所」をライトアップ 1日限定カフェも

桜がホーム両脇に並び、その名所として知られている相模鉄道の弥生台駅で、期間限定のライトアップが実施されます。

駅の両脇に44本のソメイヨシノ

 相模鉄道の弥生台駅(横浜市泉区)で、駅の両脇に並ぶ桜が3月15日(火)から4月17日(日)までの期間、ライトアップされます。

160317 yayoidai 01
夜桜が浮かび上がる弥生台駅。写真は昨年のもの(写真出典:相模鉄道)。

 弥生台駅は、横浜駅から快速で約20分の場所にあるいずみ野線の駅。ホームの両脇に並ぶソメイヨシノ44本のうち、半分の22本がライトアップされます。実施は17~22時の予定。相鉄は「夜間にライトアップすることで昼間とは趣きの異なる夜空に浮かぶ桜をお楽しみいただけます」としています。

 また、同駅前のフレンチレストラン「ペタル ドゥ サクラ」は3月28日(月)、1日限定のカフェ「喫茶サクラ」として特別営業を実施。コーヒーや桜のスイーツなどを、窓に広がる桜とともに楽しめます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント