大洗~苫小牧のフェリーが欠航 その理由は熊本地震

大洗~苫小牧間に就航している「さんふらわあ ふらの」が欠航。熊本地震の避難者宿泊施設として同船の派遣を検討しているためです。

被災地への派遣を検討

 商船三井フェリーは2016年4月18日(月)、大洗~苫小牧間に就航しているフェリー「さんふらわあ ふらの」について、4月19日(火)大洗港発18時30分の便を欠航すると発表しました。

160419 sunflower 01
大洗港で出航を待つ「さんふらわあ ふらの」(2015年9月、恵 知仁撮影)。

 熊本地震の避難者宿泊施設として同船の派遣を検討しているためで、4月20日(水)以降のスケジュールについても確定しだい案内するということです。

 大洗港(茨城県大洗町)と苫小牧港(北海道苫小牧市)を結ぶこの航路では、「さんふらわあ ふらの」のほか「さんふらわあ さっぽろ」「さんふらわあ しれとこ」「さんふらわあ だいせつ」も就航しています。

【4月19日(火)14時追記】商船三井フェリーによると「さんふらわあ ふらの」は、今週中の派遣は見送りとなったため、19日(火)大洗港18時30発の便は通常どおり運航するということです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント