子ども残してのキー閉じ込み、昨年GWは185件 JAFが注意呼びかけ

昨年のゴールデンウィークに、子どもを車内に残したまま「キー閉じ込み」をしたケースが185件あったとJAFが発表。脱水症状や熱中症などへの注意を呼びかけています。

気温23℃でも車内は50℃まで上昇

 JAF(日本自動車連盟)は2016年4月21日(木)、「キー閉じ込み」のうち、子どもが車内に残されたままであったケースが、昨年のゴールデンウィーク(2015年4月29日~5月6日)に全国で185件あったことを発表しました。

 過去にJAFが実施したテストでは、気温23℃の過ごしやすい日中でも車内温度は50℃近くまで上昇。子どもが取り残されると、短時間であっても脱水症状や熱中症を招く恐れがあるといいます。加齢に伴い体温調節機能が低下する高齢者や、ペットなども車内に残さないよう注意を呼びかけています。

160421 keytojikomi 01
車内各箇所の温度変化を記録したグラフ。この日の最高気温は23℃(画像出典:JAF)。

 また、日差しが強くなるこれからの季節、チャイルドシートに座った子どもに直射日光が当たり、たくさんの汗をかいて脱水症状になる場合もあることから、こまめに水分補給をしたり、日よけ(サンシェード)やタオルを活用するといったことなども紹介しています。

【了】

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 子供を生むダケで育てる事を知らない/出来ない大人ばっかり!