都心発着の舟運社会実験、横浜~水道橋や目黒川なども航路に 国交省

国土交通省が舟運の可能性を探るべく2015年から実施している社会実験。「第3次」の今回は従来の航路である羽田空港~秋葉原間に加え、横浜~羽田空港~水道橋間などの航路も加わります。

横浜~水道橋間の航路は約40km

 国土交通省は2016年4月21日(木)、「第3次舟運社会実験」の概要を発表しました。

 同省は2015年から、東京都心と羽田空港を結ぶ航路について検討するための社会実験を実施。「第3次」の今回は実際に定期化を目指す航路で長期にわたり運航し、舟運へのニーズと、毎日運航への体制面や民間によるビジネスモデルの可否などを検証します。

160422 syuunjikken 01
舟運社会実験のルートと船着場のイメージ(画像出典:国土交通省)。

 設定された航路は全部で7ルートです。羽田空港~秋葉原間の「空港・都心運河クルーズ」は1日2~4便の運航を予定しており、すでに乗船申し込みの募集を始めています。このほか、秋葉原~日本橋間、秋葉原~隅田(東京スカイツリー方面)間、日本橋~水道橋間、天王洲~目黒川(五反田)間などの航路も設定されました。これらは4月から募集が始まります。また、新船を就航させて、およそ40kmの横浜~羽田空港~水道橋間のルートを運航する計画も進められています。

 国土交通省は、今回の「第3次舟運社会実験」で1万人近い規模の利用者を見込んでいます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント