熊本・大分線のWi-Fi無料 JAL、地震復興支援で くまモンめじろん特別機も

JALは熊本地震に伴う復旧・復興支援の一環として、羽田~熊本線と羽田~大分線で機内インターネットを無料にすると発表。熊本県の「くまモン」と大分県の「めじろん」がデザインされた飛行機も就航させます。

専用クーポンで無料に

 JAL(日本航空)は2016年4月26日(火)、熊本地震に伴う復旧・復興支援のひとつとして、羽田~熊本線と羽田~大分線で機内インターネットを無料にすると発表しました。

 4月14日(木)から続く熊本地震により、機内において最新情報の取得や「地上と連絡を取りたい」といったニーズが高まっていることに対する取り組みで、機内Wi-Fiサービスを提供している「JAL SKY NEXT」運航便にて実施されます。期間は4月27日(水)から5月31日(火)までです。

 利用方法は、機内W-Fiサービスにおいて4月20日(水)から5月31日(火)まで実施の「15分無料キャンペーン」を利用したあと、客室乗務員に申し出て専用クーポンを受け取ります(1便あたりの搭載数に限りあり)。この専用クーポンを使用すると、引き続き無料でインターネットを利用できます。

160427 jalshien 01
「くまモン」と「めじろん」がデザインされた「『がんばろう日本』復興支援特別塗装機」のイメージ(画像出典:JAL)。

 このほかJALは、“熊本県営業部長”を務めるキャラクター「くまモン」と大分県応援団“鳥”のキャラクター「めじろん」がデザインされた「『がんばろう日本』復興支援特別塗装機」を、4月29日(金・祝)から就航させます。機材はボーイング767-300型機(機体番号:JA8987)。運航路線は羽田~熊本線と羽田~大分線が中心です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント