「めでたいでんしゃ」今日デビュー 鯛のチョコ菓子プレゼントも 南海

南海加太線の観光列車「めでたいでんしゃ」が今日4月29日から運行を開始。「お祝いセレモニー」や鯛をかたどったチョコレート菓子をプレゼントする運行開始キャンペーンなどが予定されています。

和歌山市~加太間で運行

 2016年4月29日(金・祝)の今日、南海電鉄の加太さかな線で観光列車「めでたいでんしゃ」の運行が始まります。「加太さかな線」は南海加太線の愛称で、和歌山市内の紀ノ川駅と加太駅を結ぶ全長9.6kmの路線です。南海電鉄は地元の観光協会と共同で「加太さかな線プロジェクト」を推進。「めでたいでんしゃ」はその目玉として登場します。

160429 nankaimedetai 01
加太さかな線に登場する観光電車「めでたいでんしゃ」のイメージ(画像出典:南海電鉄)。

 運行初日の今日は、加太駅で10時から「運行開始お祝いセレモニー」を開催。終了後には地元飲食店から、塩ラーメンや大福もちの無料ふるまいもあります。また、今日から5月5日(木・祝)までは、運行開始記念キャンペーンとして、加太駅で鯛をかたどったチョコレート菓子「ぷくぷくたい」が「めでたいでんしゃ」の利用者にプレゼントされます。対象の列車は、和歌山市駅発8時51分、9時55分、10時55分、11時55分です。

 このほかにも、スタンプラリーやオリジナルグッズの発売など、「めでたいでんしゃ」のデビューを盛り上げる企画が予定されています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント