新幹線の運転台公開や手動踏切体験も リニア・鉄道館で期間限定イベント開催

リニア・鉄道館が、スタッフによるガイドツアーや、新幹線運転台の特別公開などのイベントを期間限定で開催します。

現役新幹線運転士による仕事紹介も

 JR東海は2016年5月10日(火)、「リニア・鉄道館」(名古屋市港区)にて、期間限定のイベントを開催すると発表しました。

 東海道本線で使用された111系電車内で車両の特徴や踏切の役割を紹介したのち、手動踏切の操作を体験できるガイドツアーや、現役の新幹線運転士や車掌らによる仕事の実演をはじめ、普段は入ることができない新幹線100系電車、700系電車の運転台特別公開やクイズラリーなどが行われます。

160510 shinkansenmuseum 01
新幹線運転台の特別公開では、こども用の制服を着て記念撮影もできる(写真出典:JR東海)。

 期間は2016年5月11日(水)から7月11日(月)までですが、イベントによっては実施日がさらに限定される場合があります。また、参加人数も上限が設けられることがあります。

 なお、期間限定イベントのほか、6月25日(土)にはミュージアムショップにて、「リニア・鉄道館5周年記念商品」として、新幹線700系電車の車両銘板や行先方向幕などが販売される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント