鉄道とはまた違う事情 「ななつ星」デザイナーの豪華バス「YUI PRIMA」登場へ

鉄道ではOKでも、バスではNG

 神姫バスツアーズによると、この座席の開発がもっとも難しかったそうです。木材を生かす水戸岡さんのデザイン。氏が手がけた鉄道車両の座席には、その背面が木製のものがありますが、バスでそれはNG。万が一の衝突などを考慮し、座席に固いものがあってはダメといったバスの保安基準があるからです。

Large 160709 shinki 03
「YUI PRIMA」の車内。木を生かしたデザインが、“水戸岡デザイン”における特徴のひとつ(画像出典:神姫バスツアーズ)。

 しかし、安全は何より大事。それを守りながら何ができるか、やりとりを重ね、知恵を絞ったといいます。

 世界にはキッチンや寝台付きなどさまざまなバスがありますが、日本では保安基準が厳しく、実現は難しいのが現状。そのため、同じような内装のバスができやすい環境にありますが、神姫バスの長尾 真社長は保安基準を満たしつつ新しいものを生み出し、「日本のバス旅行」を豊かなものに変えていきたいと考えているそうです。

 また「YUI PRIMA」には「車線逸脱警報装置」「車間距離警報装置」「衝突被害軽減ブレーキ」「車間距離保持機能付きオートクルーズ」「3点式シートベルト」などの安全装備も導入されます。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 水戸岡デザイン?
    ワンパターンでいい加減に見飽きました。
    と、いうかケバケバしくて最初から嫌いでしたが。

  2. なんかイスの柄がキモい。乗りたくないわ。