山陽新幹線で折り紙プレゼント 運転士、パーサーなど全4種類

JR西日本が「夏限定のおもてなし」として、山陽新幹線で希望者に「新幹線折り紙」をプレゼントするキャンペーンを開始。折り紙は全4種類あり、折ると「新幹線」になる紙も同封されています。

新幹線公式キャラのイベントも予定

 JR西日本は2016年7月16日(土)、山陽新幹線で「夏限定のおもてなし」としてオリジナルの折り紙をプレゼントするキャンペーンを開始しました。

160719 jrwnatsu 01
「運転士」「車掌」「駅係員」「パーサー」の4種類が用意されるJR西日本の「新幹線折り紙・2016夏バージョン」(画像出典:JR西日本)。

 昨年度の夏と冬に実施し好評だったという「新幹線折り紙」の第3弾として、「2016夏バージョン」を用意。折り紙は「運転士」「車掌」「パーサー」「駅係員」の4種類があり、山陽新幹線各駅の駅係員や、車内の乗務員、パーサーから希望者にプレゼントされます。各種類の配布場所は次のとおりです。

・「運転士」:山陽新幹線の駅ホームなど
・「車掌」「パーサー」:山陽新幹線の車内など
・「駅係員」:新大阪駅や山陽新幹線の各駅など

「新幹線折り紙」は種類ごとに異なる表紙とシールのほか、折り紙5枚が入っており、うち1枚は説明書に基づいて折ると新幹線の形になります。同封のシールで装飾も可能です。折り紙の配布期間は8月31日(水)までですが、なくなり次第終了です。

 期間中には、山陽新幹線の公式キャラクター「カンセンジャー」が「新幹線折り紙」をプレゼントするイベントも開催。山陽新幹線の新神戸駅(8月12日)、岡山駅(7月23日)、広島駅(7月29日)、新山口駅(7月30日)、小倉駅(8月7日)、博多駅(7月24日)でそれぞれ実施が予定されています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント