火事でもないのに消防車? その背景にある「事情」とは

「火事でもないのに消防車がサイレンを鳴らして到着」、そんな場面に出食わしたことはありませんか。消防車が火事以外で出動する理由は何でしょうか。

救急出動増加で「PA連携」進む

「消防車がサイレンを鳴らしながら駆け付けてきたものの、周囲に火や煙が上がっている建物はない」。そんな場面に出食わしたことはありませんか。実は、消防車が火事以外の理由で出動するケースがあるのです。

 平成27年版『消防白書』によるとこの10年で、全国の出火件数は5万7460件(2005年)から4万3741件(2014年)に減少。一方で、救急車の出動件数は527万7936件(2005年)から598万4921件(2014年)に増加するとともに、救急車を呼んでから現場に到着するまでの時間が6.5分(2005年)から8.6分(2014年)に伸びています。

160802 parenkei 01
消防車が救急現場に出動する「PA連携」の取り組みが行われている(写真出典:photolibrary)。

 このような救急需要の増加を受け、一部の消防本部は「PA連携」という取り組みを始めています。「P」はポンプ車(Pumper=消防車)、「A」は救急車(Ambulance)を意味しており、救急出動要請に対し、救急車(救急隊)とポンプ車(消防隊)が連携して出動するというものです。

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. こういうのもあるんですね。
    沖縄など台風直撃が多いところでは、暴風下での救急車要請で消防車が出ることがしばしばあるそうです(一度みました)。重くて転倒しにくく、大きな車体で傷病者が家から出るとき風よけにできるのだとか。