NY線など成田発着3路線を今秋から運休へ デルタ航空、アジア路線を再編

2016年秋から成田空港を発着するデルタ航空3路線が運休へ。羽田空港での国際線運航枠拡大の影響によるものですが、デルタは今後、アメリカとアジアを結ぶ直行便を強化していくともいいます。

新たに羽田の昼間発着路線を開設へ

 デルタ航空(アメリカ)は2016年8月10日(水)、成田空港を発着する3路線を今秋から運休させると発表しました。

 休止する路線は、成田~ニューヨーク線、成田~関西線(国際線乗り継ぎ専用)、成田~バンコク線です。一方、成田とアメリカのシアトル、ポートランド、デトロイト、アトランタを結ぶ路線などは引き続き運航するとしています。

160812 delta 01
成田空港発着の3路線を今秋から運休するデルタ航空(写真出典:デルタ航空)。

 今年2月、羽田空港の昼間時間帯における米国路線の発着枠を日米で5枠ずつ配分することが決まり、デルタ航空にはそのうち2枠が仮に割り当てられました。同社では成田発着路線を減らす一方、ロサンゼルスとミネアポリスから羽田への昼間の運航便を就航させる計画です。

 デルタ航空は、日本の航空会社が過去10年かけて羽田空港を基点にアジア各地を結ぶ路線網を整備し、JAL(日本航空)と提携するアメリカン航空やANA(全日空)と提携するユナイテッド航空が、羽田空港を介して日本国内やアジアへの乗り継ぎを容易に提供できるという状況から、日本で提携先のないデルタ航空からすれば、他のアメリカ航空会社であるアメリカン航空やユナイテッド航空が有利としています。

 路線網を大幅に再編成しなければアジア太平洋地域におけるデルタ航空の地位が著しく低下するとし、今後はロサンゼルス~北京直行便といった、主にアメリカとアジアを結ぶ直行便を強化していくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント