日本最初のSLが走った地「旧新橋停車場」でSLの展覧会を開催

日本の鉄道開業ゆかりの地である東京都港区の「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」で、企画展「シュポー!走れ!蒸気機関車」が開催されます。

鉄道博物館の企画展を新橋で 入場無料

 東日本鉄道文化財団は2016年11月10日(木)、東京都港区の「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」で、企画展「シュポー!走れ!蒸気機関車」を開催すると発表しました。

「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」で開催される企画展「シュポー!走れ!蒸気機関車」のチラシ(画像出典:東日本鉄道文化財団)。

 鉄道博物館(さいたま市)で2016年夏に開催された展覧会を、「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」で開催するもの。SLのあゆみや動く仕組み、運転や修繕の様子、そして現在活躍中の車両などが紹介されます。開催概要は以下のとおりです。

・会期:2016年11月22日(火)~2017年2月26日(日)
・休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌日休館)
・開館時間:10~17時(入館は閉館の15分前まで)
・入場料:無料

「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」は、1872(明治5)年に開業した旧新橋跡に所在。日本の鉄道は、この旧新橋駅と旧横浜駅(現・桜木町駅)のあいだから始まりました。東日本鉄道文化財団は、「日本最初のSLが走ったその地で、SLの魅力についてご紹介します」としています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161111_teppakushimbashi_01

関連記事

最新記事

コメント