富山の鉄道や路面電車、バスで使える「とやま1日乗り放題きっぷ」販売中

富山県が県内交通事業者との連携し、県内中央エリアと東部エリアの1日乗り放題きっぷを販売中。協賛店での割引サービスなども受けられます。

きっぷ購入でガイドブックももらえる

 富山県は、県内の交通事業者と連携し、県中央エリアと東部エリアの「とやま1日乗り放題きっぷ」を販売しています。

 公共交通を利用して県内観光を楽しんでもらうことが目的。購入特典として、エリア内の観光情報や時刻表などが掲載されたガイドブックが進呈されるほか、沿線の施設や飲食店、土産店などの協賛店できっぷを提示すると割引などのサービスの提供が受けられます。概要は以下のとおりです。

161208 toyamakippu 01
「とやま1日乗り放題きっぷ」のイメージ。「中央エリア」版、「東部エリア」版の2種類がある(画像出典:富山県)。

●中央エリア
・対象路線:あいの風とやま鉄道(富山~高岡)、万葉線(全線)、富山ライトレール(全線)、射水市コミュニティバス(海王丸パーク・ライトレール接続線。一部利用制限あり)、加越能バス(高岡駅~新高岡駅)
・販売価格:大人1000円、子供500円
・販売箇所:あいの風とやま鉄道の駅窓口(富山、呉羽、小杉、越中大門、高岡)、万葉線の車内および本社窓口、新高岡駅観光案内所

●東部エリア
・対象路線:あいの風とやま鉄道(富山~越中宮崎)、魚津市民バス(市街地巡回ルート)、黒部市内バス(新幹線生地線と新幹線市街地線)
・販売価格:大人1200円、子供600円
・販売箇所:あいの風とやま鉄道の駅窓口(富山、東富山、水橋、滑川、魚津、黒部、生地、入善、泊)、黒部市地域観光ギャラリー「観光案内所」

 きっぷは2017年2月26日(日)までの土、日、祝日において1日間有効です。ただし2016年12月31日(土)から2017年1月2日(月・休)までは利用不可。利用日の1か月前から、当日まで販売しています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント