回送・貨物も走行位置をリアルタイム表示 「JR九州アプリ」に新機能

「JR九州アプリ」に、各線を走る列車の位置をリアルタイムで確認できる機能が追加されました。特急や普通列車などに加え、「乗れない」列車も表示されます。

乗りたい列車がいま、どこにいるか分かる

 JR九州がスマートフォン向け列車予約アプリ「JR九州アプリ」に、列車位置情報のリアルタイム表示機能を追加しました。

 この新機能の名称は「どれどれ」。「どこでも、れっしゃが見られる」「どこにいるか、れっしゃが分かる」に由来します。乗りたい列車がいま、どこにいるのかを、自身のスマートフォンで確認できる機能です。

161228 jrkyusyuapp 01
列車位置情報表示機能「どれどれ」のイメージ(画像出典:JR九州)。

 アプリを起動し、「運行情報」、「列車位置を調べる『どれどれ』」の順にタッチ。見たい路線と駅を選択すると、その駅を中心とする当該路線の列車位置情報が表示されます。特急は赤色、快速や特別快速などは青色、普通は金色、回送や貨物列車などは灰色の五角形枠でそれぞれ表されます。

 対象路線は、鹿児島本線(門司港~八代、川内~鹿児島)、福北ゆたか線・若松線、日豊本線、長崎本線(長与経由含む)、久大本線、豊肥本線、筑肥線(下山門~西唐津、西唐津~伊万里)、唐津線、日田彦山線、後藤寺線、佐世保線、宮崎空港線、指宿枕崎線です。

 JR九州は「ますます便利になる『JR九州アプリ』を、ぜひご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント