最大33.4km/L、全車CVT 新型「ワゴンR」発売 「スティングレー」も スズキ

スズキが新型「ワゴンR」および新型「ワゴンRスティングレー」を、2017年2月1日より発売しました。

6代目「ワゴンR」発売

スズキが2017年2月1日(水)より、新型「ワゴンR」および「ワゴンRスティングレー」を発売しました。いずれも軽ワゴンタイプの乗用車で、今回の新型は6代目モデルにあたります。

170201 wagonr 01
ターボモデルの新型「ワゴンRスティングレー HYBRID T」。ボディカラーは新色の「ブレイブカーキパール」(画像出典:スズキ)。

●スズキ新型「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」のポイント
・発進時にモーターのみで走行できる「マイルドハイブリッド」搭載グレードは、JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)で33.4km/L。
・トランスミッションはCVT(無段変速機)のみ。
・軽量化と高剛性を両立した新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。ほかボディーや足回りの見直しで、先代モデル比約20kgの軽量化。
・すべてのグレードに2駆と4駆モデルあり。
・室内空間が拡大。室内長は2450mm。
・単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者やクルマを検知して衝突の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」や、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替える「ハイビームアシスト機能」など、各種の先進安全技術を採用。
・運転席前方のダッシュボードに車速やデュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示する「ヘッドアップディスプレイ」を軽自動車で初めて採用。
・俯瞰映像を表示する「全方位モニター付メモリーナビゲーション」をメーカーオプション設定(FAを除く)。スマートフォンと連携したサービスが利用可能な「Apple CarPlay」や「Andoroid Auto」、より高精度の渋滞回避案内などが可能な「VICS WIDE」に対応。
・ボディーカラーは「FA」と「HYBRID FX」が10色、「HYBRID FZ」が8色、「スティングレー」が6色。
・価格は「ワゴンR」が107万8920円から147万960円、「ワゴンRスティングレー」が129万3840円から177万9840円(いずれも税込)。

 初代「ワゴンR」は1993(平成5)年9月発売。スズキは「軽ワゴンという市場を新たに築き、国内累計販売台数約440万台を誇る、軽自動車を代表するモデル」としています。

【了】

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 僕はSUZUKIワゴンRタ―ボが大好きです今年新車に買う予定です燃費他には中は広く運転も楽だと思います長距離でもいいと思っています彼女と一緒にドライブに行きたいです絶対かいます